MS、学校向けの「Bing」検索エンジンをリリースへ--2013年中に米国で

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月25日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、幼稚園から12年生(日本の高校3年生に相当)の生徒向けにカスタマイズされたBing検索エンジンの特別版を開発している。Microsoftが米国時間6月24日のブログ投稿で述べたところによると、「Bing for Schools」として知られるこのカスタム版では、検索結果に広告が一切表示されないほか、アダルトコンテンツはフィルタで弾かれるという。また、プライバシー保護が強化されており、デジタルリテラシーを高めるための学習機能が追加されているという。

 この新版は無料で、関心のあるあらゆる米国の学校が自発的に導入することができる。そのサイトにアクセスするのに、特別なソフトウェアやユニークなウェブアドレスは一切必要ない。

 デジタル学習の促進を目指すBing for Schoolsのホームページは、生徒たちが新しい話題を調査し探求できるように、生徒たちにホットスポットを提供する。生徒たちがBingを使ってさまざまな質問の答えを見つけるのを奨励するため、短い授業の計画も用意する。

 Microsoftはブログの中で、「このプログラムは、子供たちにとって可能な限り最高の検索体験を作り出すために教師や保護者、ビジョナリーとともに構築していけるものだ、とわれわれは考えている。われわれは2013年中のリリースに向けて準備を進めていく中で、皆さんに随時新しい情報をお知らせする予定だ」と述べた。

提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET
提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加