logo

アップル、「WWDC 2013」を開幕--基調講演の内容を時間にそってお届け - (page 3)

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月11日 01時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3:00 AM:さらに、「Thunderbolt 2」を搭載。これは20Gbpsで後方互換性がある。「AMD FirePro」グラフィックスカードを2枚搭載する初のマシンとなる。グラフィックス性能は前世代の2.5倍。

3:00 AM:4Kディスプレイを標準サポート。

3:00 AM:4Kディスプレイを3台まで接続できる。

3:01 AM:「Appleはこのために『Final Cut X』の新バージョンに向けて取り組んでいる」とSchiller氏。

3:02 AM:2013年内に発売予定。組み立ては米国。

3:03 AM:Cook氏、再登壇。

3:03 AM:iCloudについて話す。iCloudアカウント数は3億を超える。

3:04 AM:「最も人気の高い機能の1つが『iTunes in the cloud』だ」とCook氏。3億人以上のユーザーがこの機能を利用し、3億回以上ダウンロードされた。

3:04 AM:送られたプッシュメッセージ数は8000億。

3:05 AM:2013年内に新しいiWorkがMacとiOS向けに登場。まずは、iWork for iCloud。

3:05 AM:iCloudのプレビューとiWorkとどう動作するかを示すため、Roger Rosner氏が登壇。

3:06 AM:「Mac上でもPC上でも、(ブラウザ上で)美しいドキュメントを作成」することができる。

3:07 AM:Pages、Numbers、KeynoteはすべてiCloud上にある。Pagesを起動し、既に作成済みのドキュメントを開くRosner氏。「これらはもちろん、すべてウェブブラウザ上で起きている」

3:08 AM:Rosner氏がデスクトップ上にある画像をブラウザの作業スペースにドラッグすると、通常のPagesのように機能した。これを使って、「Microsoft Office」ドキュメントをiCloudのPagesにドラッグすると、うまくいったようだ。次は、Numbers。Apple版のExcelのようなものだ。

3:09 AM:異なるシートがタブのように表示される。右側に表示されていた、同じコンテキストバーを使用している。

3:10 AM:話はKeynoteへ。これも、右側に同じコンテキストバーがある。Rosner氏がいくつかの写真、罫線、若干のテキストを追加すると、スライドが完成。「これはすべてブラウザ上で起きている。非常に素晴らしいことだ」と繰り返すRosner氏。

3:11 AM:Windowsデスクトップ上のChrome(Explorerではなく)でも同じことができる。

3:12 AM:本日から開発者向けベータ版で公開される。一般向け公開は「2013年内」。

3:12 AM:Cook氏、再登壇。iOSについて話す。

3:12 AM:3:12 AM:iOSデバイスの販売台数は、累計6億台以上に。

3:13 AM:iPhoneとAndroidの使用の違いを述べたExperianの調査を引用。モバイルウェブ市場のシェアとタブレットウェブ市場のシェアを示す。

3:15 AM:ブラックフライデーの際のショッピングが、AndroidよりもiPadやiPhoneで多く行われたことに言及。「これは、われわれにとって最も重要なことだ」とCook氏。JD Powerによるランキングなどを示す。

3:17 AM:iOSユーザーの93%がiOS 6を、6%がiOS 5を使用。主に3バージョンに分散しているAndroidのチャートと比較。「これはユーザーに悪影響を及ぼすだけでなく、ご存知のようにこうしたバージョンの細分化は開発者にとって大問題だ」とCook氏。

3:17 AM:Appleのチームは、新しいバージョンに取り組んでいる。それは、iOS 7。

3:18 AM:素晴らしい新UIだとCook氏。デザインに関するビデオを上映。

3:18 AM:ナレーションは、Jony Ive氏。コンピュータやモバイルデバイスのデザイン機能について語る。

3:18 AM:「デザインは、われわれの体験の大部分を定義付ける」とIve氏。

3:19 AM:「シンプル性、明確性、および合理性の中に、深淵かつ永続的な美しさがあると考えている。真のシンプル性は、単にがらくたや飾りがないことから生まれるわけではない。それはむしろ、複雑性に秩序をもたらすということだ」

3:21 AM:すべてのUIが刷新されている。アイコン、ボタン、カラースキームなど。キーボードに透過性が加わっている。

3:22 AM:アプリがカードのようなものを扱う様子を披露。

3:22 AM:「iOS 7は、新しい重要な方向性を示すものであり、さまざまな意味で始まりであるとわれわれは捉えている」とIve氏。ビデオ終了。場内に大きな拍手。

3:23 AM:Craig Federighi氏が再登壇し、iOS 7を紹介。

3:25 AM:ロックスクリーン、ホーム画面、アプリから紹介。すべてが「素晴らしい外観」とFederighi氏。デバイスを動かすとその動きを検知し、3Dのような印象を与える視差映像が作り出される。

3:25 AM:Messages、Calendar、Game Centerなどを簡単に紹介。

3:25 AM:デモを披露。

3:26 AM:Weatherアプリを紹介。画面上で雲が動いているのが分かる。

3:27 AM:どの場所を見るかによって、表示が大きく変わる。ピンチダウンすると、街全体の概要を見ることができる。

3:27 AM:次はCalendar。日ごとにスワイプできる。

3:28 AM:Messagesでは、チャットの吹き出しを動かすと少し揺れるようになった。また、左からスワイプするとメッセージリストに戻るという、新たなジェスチャーが追加された。

3:29 AM:Mailも新しくなり、写真が強化された。また、メッセージ間を素早く切り替えられるようになった。Notificationsには透過性が加わったほか、新たなtodayメニューが追加された。これは、1日の要約のようなもの。また、ロック画面からも通知センターが利用できるようになった。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]