NFC活用したO2Oプロモーション--ポスターにスマホ近付けて情報を閲覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷とCyberZは6月6日、連携して大学キャンパスに設置するNFCスマートポスターを活用したO2Oプロモーション支援サービスを6月15日に開始すると発表した。DNPがNFCスマートポスターを提供し、CyberZが広告プランを立案、効果を検証する。

 学生がNFCスマートポスターにNFC搭載スマートフォンを近付けると、スマートフォンアプリのダウンロードや会員登録、画像や動画による商品の紹介、クーポンや割引券などの情報を受け取ることができる。企業はこれらの情報を配信することで、店舗に誘導できる。

 6大学の7つのキャンパス内にNFCスマートポスターを設置し、サイバーエージェントが運営する「Ameba」のゲームアプリ「ガールフレンド(仮)」ダウンロードの誘導を大学生向けに展開する。

 今回のサービスには、DNPのO2Oプラットフォーム「TAPLINK」を活用する。フィッシング詐欺など悪意のある第三者による改ざんなどを防止できるほか、遠隔操作で遷移先を設定して配信情報を管理、時間帯別に配信するなど、短期間での情報提供が可能になるという。

 広告効果の測定には、CyberZが提供するスマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」のソフトウェア開発キット(SDK)をアプリに組み込み、費用対効果の明確なO2Oプロモーションを実施できるとしている。

 今後は、全国162大学の約200キャンパスにNFCスマートポスターの設置を予定している。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加