電通とJ-WAVE、雨が降ると開始する放送連動型O2Oサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通の「電通モダン・コミュニケーション・ラボ」は6月3日、J-WAVEと協業し、放送連動型O2Oサービス「雨の日、いいこと。Happy Rainy J-WAVE」を6月10日~7月15日に実施すると発表した。

 期間中、日の出から日没までの番組オンエア時にスタジオ周辺で雨が降り出すと、キャンペーンのオリジナルジングルがオンエアされ、協賛社や首都圏のさまざまな店舗から当日限定の特典が受けられる「Happy Rainy PASSPORT」が特設サイトに表示される。

 リスナーは、J-WAVE公式サイトから特設サイトにアクセスし、Happy Rainy PASSPORTを印刷もしくはスマートフォン画面に表示させ、店頭などで提示するだけで、商品のディスカウントや特製グッズのプレゼントなどを受けられる。

 キャンペーン期間中は、雨の日に聴きたい楽曲や雨の様子をTwitterで「#jwave」を付けてつぶやいてもらい、番組内で紹介する。このほか、雨の日に東京を楽しくするアイデアやアクションについてのつぶやきも募集するとしている。

 電通モダン・コミュニケーション・ラボは、ソーシャルメディアの普及などによるメディア環境や生活者の変化に対応した統合ソリューションをクライアント企業に提供していくため、2011年4月に発足した電通の社内横断組織。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加