logo

MS、「Windows 8.1」の一部詳細を発表--「Start tip」ボタン追加など

Jay Greene (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年05月31日 07時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Microsoftは米国時間5月30日午前、「Windows 8.1」の一連の新しい特長と機能を発表した。「Windows」エンジニアリングに詳しい人物が「Start tip」と呼ぶ、PCの「Start」画面に戻る機能もこれに含まれている。

 「tip」とは、Windows 8で従来のデスクトップモードを実行している場合に、ツールバーの左側に配置されるWindowsロゴである。タッチ操作向けのタイルベースのインターフェースを使用している場合は、左下隅に指を動かすと「tip」がポップアップする。

 ただし「tip」をクリックしても、Windowsのこれまでのバージョンの「Start」ボタンのようにおなじみのメニューが表示されるわけではない。その代わりに、ユーザーのStart画面が表示される。Windows 8.1では、ユーザーはこのStart画面を、使用可能なアプリケーションの一覧を表示する、旧式のStartメニューに似た形式にカスタマイズすることができる。

提供:Microsoft
Microsoftは、Windows 8.1に「Start tip」を追加している。これは、完全なStartボタンではないが、クリックするとユーザーのカスタマイズしたStart画面を表示する。
提供:Microsoft

 従来のスタイルを好むユーザーの要望にMicrosoftが応えるものの1つとして、コンピュータを起動して直接、なじみ深いデスクトップモードを表示する機能が提供される予定である。Windows 8を搭載するコンピュータは起動時、自動的にタイルベースのインターフェースを表示するため、旧式のデスクトップを表示したいユーザーは、そこからさらにもう1段階の操作が必要である。Windows 8.1では、起動後直接デスクトップモードになるようにデフォルト設定することができる。

 「Blue」という開発コード名で知られてきたWindows 8.1における大きな変更点の多くはカスタマイズに関連するものである。ユーザーは、起動モードの選択のほか、Windowsインターフェースの外観を自分の好みに合わせてさらに細かくカスタマイズすることができる。Microsoftは、Start画面用の色と背景をさらに追加する予定で、動きを伴うものも追加される。ユーザーは、デスクトップモードで使用する背景を、タイルベースのStart画面の背景として選択することができる。また、新しいタイルサイズも追加される予定で、ユーザーはStart画面をさらに多様な方法で整理できるようになる。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 Microsoftは、ユーザーがWindows 8をどのように使用していたかを見てきた中で、一部のユーザーがStart画面上のタイルを誤って動かしてしまったケースを発見した。Windows 8.1では、タイルを指で長押しするか、マウスで右クリックしなければ、タイルを動かすことはできなくなる予定だ。また、複数のアプリを同時に選択してアンインストールしたり、それらのタイルのサイズ変更や再配置をしたりすることもできるようになるという。

 Microsoftは、「Search」チャームにも改良を加えた。Searchチャームは、ユーザーがPC上のアプリ、設定、ファイルなどを検索するために検索語を入力するボックスである。Windows 8.1では、これにMicrosoftのウェブ検索エンジン「Bing」の検索結果も表示されるようになり、ユーザーは任意の検索を1カ所で行うことができるようになる。Microsoftの広報担当者によると、ユーザーはSearchチャームのウェブ検索エンジンをGoogleなどに変更することはできない予定だが、ブラウザ上ではこれまでどおり、Googleによるウェブ検索が可能だという。

-PR-企画特集