logo

「2020年までに世界の全人口がインターネットユーザーに」--グーグル会長が予測

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月15日 10時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの会長であるEric Schmidt氏が、2020年までに世界の全人口がインターネットを利用するようになるとの予測を明らかにした。

 Schmidt氏は米国時間4月13日夜の「Google+」への投稿で、「現在、オンラインにいる人とそうでない人の比率は1対2だ。2020年までに、地球上のあらゆる人がインターネットに接続するようになるだろう」と述べた。

 とりわけ携帯電話の普及によって、オンライン人口は間違いなく劇的に増加している。しかし、世界の全人口というのは可能なのだろうか。

 世界の多くの地域で貧困がなかなか解消されないことや、たくさんある広大な人口過疎地にはワイヤレスネットワークを導入することさえも難しいことを考えると、これは大胆な主張だ。


2012年のMobile World Congressで語るSchmidt氏
提供:Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集