logo

渋谷で大規模なO2Oキャンペーン--ウルトラ集客を活用

藤井涼 (編集部)2013年03月29日 19時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クレディセゾン、エポスカード、東急カード、ヤフー、ソフトバンクテレコムは3月29日、渋谷エリアにおいて地域活性キャンペーン「街カドフェスタ渋谷」を4月12日~5月12日に開催すると発表した。キャンペーンの期間中に、渋谷の対象店舗で対象カード(セゾンカード、UCカード、セブンCSカード、エポスカード、TOP&カード)を利用して買い物をすると、抽選でカード会社や参加店舗の商品券などが当たる。

 各店舗への集客にはヤフーとソフトバンクテレコムが共同展開するO2Oサービス「ウルトラ集客」を活用。ウルトラ集客で得た情報から実店舗への送客実績と、実際に顧客が決済にいたるまでの日付や店舗などの導線を確認・検証する。

 キャンペーンでは、まず「Yahoo! JAPAN」のPCやスマートフォンのページに掲載されている「お得情報」でキャンペーン情報を告知。その後、専用応募サイトでキャンペーンに参加した人の中から、抽選で当選者を選ぶ。当選者は対象店舗内のクーポン発券機「クーポン ゲート」に当選メールをかざしてクーポンを発券。クーポンと引き換えに商品を受け取る。

 対象店舗は、西武渋谷店、渋谷パルコ、無印良品(渋谷西武)、渋谷ロフト、LABI渋谷、ビックカメラ(渋谷東口店、渋谷ハチ公口店)、マルイシティ渋谷、マルイジャム渋谷、東急百貨店(渋谷ヒカリエSHINQS、渋谷・本店、渋谷駅・東横店)、渋谷ヒカリエ、東急プラザ 渋谷、東急ハンズ渋谷店、SHIBUYA109、109MEN'Sの17店舗。

 このうち、クーポンゲートは西武渋谷店、渋谷パルコ、マルイシティ渋谷、マルイジャム渋谷に設置されている。

-PR-企画特集