logo

アップルのCMで使われているあのアプリは何?--全12本を一挙紹介【iPhoneアプリ編】 - 11/12

坂本純子 (編集部)2013年03月27日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「X is for Xray」は主に子ども向けの教育アプリで、頭文字がA~Zまでさまざまなアイテムが360度回転してみられる。画面をスライドさせると透過していき、その中身がどのような構造になっているかがわかる。バイクや機械など、さまざまなしくみが学べるようになっている。価格は250円(3月27日現在)。
Scroll Right Scroll Left

 「X is for Xray」は主に子ども向けの教育アプリで、頭文字がA~Zまでさまざまなアイテムが360度回転してみられる。画面をスライドさせると透過していき、その中身がどのような構造になっているかがわかる。バイクや機械など、さまざまなしくみが学べるようになっている。価格は250円(3月27日現在)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]