「Google Now」--ビッグデータの未来をひらく「Android」の秘密兵器 - (page 2)

Jason Hiner (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年03月19日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Nowの有用性

 以下は、Google Nowが提供する機能のうち、筆者が最も実用的かつ興味深いと感じているものである。


  • 自動車運転時の道路交通情報:Google Nowが自宅の場所と勤務地、出勤のために自宅を出る時刻、退社時刻を認識するまでに、さほど長い時間はかからない。その後Google Nowは出発時刻の30分前に、現在の道路交通状況に基づいて運転所要時間を通知してくれるようになる。
  • 打ち合わせの通知:「Gmail」や「Google Apps」で「Googleカレンダー」を使用している場合、Google Nowは打ち合わせの予定に基づいて通知を行ってくれる。もっとも、Androidの「カレンダー」アプリでも打ち合わせの通知は可能だ。しかし、打ち合わせの場所を入力しておくと、現在の道路交通状況に基づいて移動時間を考慮し、打ち合わせに間に合うよう適切な時間(例えば打ち合わせの38分前)に通知が行われるようになる。
  • フライトの通知:搭乗予定の飛行機に関する確認情報を電子メールで受け取っている場合、Google Nowは自動的にその情報を取得し、通知を送信するとともに、フライト情報の更新も行ってくれる(いくつかの航空会社の電子搭乗券にも対応している)。
  • 旅行時の現地情報:筆者が2012年の秋に英国とイタリアを訪れた際、Google Nowは自動的にタイムゾーンや通貨、翻訳情報を通知してくれた。
  • 配送状況の通知:Google Nowは電子メールの内容から商品の配送状況を認識し、ひと目見て分かる通知にしてくれる。
  • スポーツ情報の通知:Google Nowにお気に入りのスポーツチームを知らせておくと、そのチームの試合予定や、試合の途中経過、最終的な結果を通知してくれるようになる。

いつも正しく動作するわけではない

 ただし素晴らしい話ばかりというわけではない。現在のGoogle Nowでは、期待はずれの動作をしたり、無意味な通知が送られてくる場合もある。ビッグデータはまだ完成形に至っていないのだ。

 以下に、そういった例をいくつか挙げたい。

  • Googleで検索したものの、実際に訪問することなどあり得ない近所の場所(水道修理業者のオフィスなど)への行き先案内が通知される。
  • 興味を持っていないイベントに対する通知が送られてくる(原因としては、スパムフォルダに入っている電子メールぐらいしか思いつかない)。
  • 何らかの情報の更新や通知(搭乗予定の飛行機など)を期待するものの、何も送られてこない場合がある。
  • ニュースや株価の最新情報を得たいがために通知頻度を増やしたものの、そういったGoogle Now「カード」が表示されることは滅多にない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]