パナソニック、タテ型デザインのムービーカメラ--防水、防塵のタフネスモデルも

加納恵 (編集部)2013年03月13日 20時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは3月13日、タテ型デザインを採用したデジタルムービーカメラ3機種を発表した。防水、防塵、耐低温を実現した「HX-WA30/WA3」(店頭想定価格:4万5000円前後/3万5000円前後)と、小型で軽量の「HX-DC3」(同:3万2000円前後)をラインアップする。発売は5月1日。

  • 「HX-WA30」

 いずれも人間工学に基づいたグリップ感の高いタテ型スタイルで、親指で撮影、ズーム、再生の操作ができるワンハンド撮影が可能だ。静止画撮影とMP4とiFrame形式での動画撮影に対応。動画撮影中の静止画撮影も可能だ。

  • 「HX-WA3」

 上位機WA30/WA3には、防水10m(WA3は5m)、防塵、耐低温といった環境での撮影に対応するタフネス設計を採用。最上位機となるWA30では落下や振動にも強い耐衝撃1.5mも実現した。

  • 「HX-DC3」

 WA30のみWi-Fiを備え、スマートフォンに専用アプリ「Panasonic Image App」をインストールすれば、撮影した動画や静止画をSNSにアップロードすることも可能。スマートフォンを手元のリモコンとして使うこともできる。撮像素子には裏面照射型の1/2.33型MOS固体撮像素子を使用。1280×720ピクセルのスローモーション映像を撮影できるスローモーションモードも備える。

 サイズは、WA30/WA3が高さ127.2mm×幅96.6mm×奥行き46.2mmで、重量約290(WA3は278)g。DC3が高さ120.8mm×幅86.2mm×奥行き38.1mmで、重量約180g(いずれも重量はSDカードとバッテリ含む)。3機種すべてで光学ズーム5倍、iAズーム18倍(DC3は15倍)のズーム機能を備える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加