グーグルの「Chromebook Pixel」レビュー--高解像度、タッチ対応 - (page 3)

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2013年03月18日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードウェアの特徴

 Chromebook Pixelには、デュアルコアの1.8GHz Intel Core i5プロセッサ、インテル HDグラフィックス4000(統合)、そして4Gバイトのメモリが搭載されている。以前のモデルではローエンドのCeleronやARMのチップを使っていたことを考えると、ChromebookのCPUパワーとしては、大きく向上していると言える。これによって、Chromebook Pixelは本質的に、ほかのMacやWindows PCと同水準のコンピューティング能力を持つようになった。

 Pixelには2つのモデルがある。32GバイトのSSDを持つ、1299ドルのWi-Fiのみモデルと、4G LTEが組み込まれる1449ドルの64Gバイトモデルだ。どちらのモデルでも、「Google Drive」でなんと1Tバイトのクラウドストレージを3年間利用できる。LTEの利用料金の詳細は公表されていないが、米国ではGoogleが用意する1カ月あたり100Mバイトの容量を超えた場合、Verizonの「Share Everything」プランを月額10ドルでPixelに追加できる。1日単位の課金プランも利用できるが、価格は明らかにされていない。

提供:Josh Miller/CNET
左端には、USB 2.0端子2基、電源端子、Mini DisplayPort端子、ヘッドホン兼マイクの端子がある。
提供:Josh Miller/CNET

 外側には、USB 2.0のポート2つ、外部モニタ接続用のMini DisplayPort、SDカードスロット、ヘッドホンとマイクのコンボジャックがある。またGoogleは、通常の使い方ではバッテリは5時間持つと述べている。搭載しているのがBluetooth 3.0とUSB 2.0であるというのは、Pixelが最新の標準よりも1つバージョンが遅れているということを意味している。Mini DisplayPortとHDMIの変換アダプタも同梱されているが、この価格帯のほとんどのほかのラップトップには(Retinaディスプレイを持たないMacBookという大きな例外を除けば)HDMIが組み込まれている。

 250ドルのサムスン製Chromebook Series 3でさえ、USB 3.0のポートが1つ付いている。

 Googleは、画面の上に2つのマイク、HDカメラ、環境光センサを搭載した。2つのマイクがあれば、ノイズキャンセルには役に立つが、Googleは3つめのマイクをキーボードの下に用意して、タイピングの音を軽減するために使っている。

提供:Josh Miller/CNET
Chromebook Pixe(左)とAppleのMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(15インチ)
提供:Josh Miller/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]