logo

モジラ、「iOS」版「Firefox」を構築する予定はなし--幹部がコメント

Jennifer Van Grove (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月11日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テキサス州オースティン発--非営利組織Mozillaの製品担当バイスプレジデントであるJay Sullivan氏は米国時間3月9日、Appleがサードパーティーブラウザに対して非友好的な態度を取り続ける限り、Mozillaの「Firefox」ブラウザがApple製デバイスに搭載されることはないだろう、と述べた。

 米CNETのSeth Rosenblatt上級記者が司会を務めたSouth by Southwest Interactiveのモバイルブラウザ戦争パネルでSullivan氏が述べたところによると、2012年9月に「Mozilla Firefox Home」をAppleの「App Store」から削除したMozillaは現在、「iOS」版のFirefoxブラウザを構築しておらず、その予定もないという。

 Mozillaが問題としているのは、同組織の洗練されたレンダリングおよびJavaScriptエンジンをiOSで提供できないことだ。Sullivan氏が米CNETに述べたところによると、基本的に、Mozillaは自らが求めるブラウザをAppleのプラットフォーム向けに構築するのは難しいと感じているという。

 これはリスクを伴う決定だ。確かに、Mozillaは現在、「Firefox OS」を完成させて、同ブラウザを搭載したローエンドスマートフォンでモバイルブラウザ市場に参戦しようとしている。しかし、NetMarketShareによると、現状では、Mozillaの市場シェアは1%以下だという。一方、Appleの「Safari」はモバイルブラウザ市場で55%以上のシェアを獲得している。


South by Southwest Interactiveで開かれたモバイルブラウザ戦争パネル。左からOperaのMike Taylor氏、MozillaのJay Sullivan氏、Dolphin BrowserのDavid Dehghan氏、Seth Rosenblatt記者。
James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集