logo

「iWatch」に求められる9つの項目--誰もが欲しがるスマートウォッチになる条件

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年03月11日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者には過去数年間に何度か、何らかのスマートウォッチを身に着けて生活していた時期がある。最近は「Martian Passport Watch」を使っていた。もっと前には、「iPod nano」を「HEX」のリストバンドに装着して使っていた。その前は「SPOT」だった。

「Martian Passport」、そして、「HEX」リストバンドに取り付けられた「iPod nano」2011年モデル。
「Martian Passport」、そして、「HEX」リストバンドに取り付けられた「iPod nano」2011年モデル。
提供:Sarah Tew/CNET

 筆者はスマートウォッチというアイデアをとても気に入っている。そして間違いなく、最近ではメディアもそうだ。Bloombergの記事や多くの「iWatch」のうわさ、1月のInternational Consumer Electronics Show(CES)に登場したさまざまな腕時計タイプのウェアラブルデバイスは、この領域が1つのカテゴリであるという印象を与えている。

 Martian PassportとiPod nanoを比べると、それぞれに良いところがあったが、同時にどちらにも不十分な点があると感じていた。その中間があるはずだ。「Pebble」のようなほかのスマートウォッチはそれを見つけつつあるが、大方の部分では、筆者が考えるiWatchの(あるいはあらゆるスマートウォッチの)理想に合うような新たなスマートウォッチはまだない。

充電ケーブルと時計というのは、面白くない組み合わせだ。
充電ケーブルと時計というのは、面白くない組み合わせだ。
提供:Sarah Tew/CNET

 筆者は2012年に、スマートウォッチが次に目指すべきものについての記事を書いた。今回はそのテーマをさらに狭めて、2013年に筆者が購入して身に着けたいと本気で考えるようなスマートフォンに求められる、9つのシンプルなポイントについて書く。スマートウォッチにBluetoothが必要なのは当然だ。そのほかには、次のようなものが必要になる。

1. 長いバッテリ持続時間

 腕時計を充電したい人はいないだろう。筆者は今でもケーブルやバッテリが多すぎて、管理できていない。スマートウォッチのバッテリ持続時間には飛躍的な進歩が必要だ。iPod nanoは1回の充電でほぼ1週間動いた。Martian Passportも同じだ。これは何とか許容できる範囲だ。普通の時計は何年も動く。スマートウォッチのメーカーは、長いバッテリ持続時間を実現できなければ、おそらくキネティック充電や太陽充電、または少なくともワイヤレス充電など、何かほかのものを組み合わせてくれるのではないだろうか。

2. 音楽に関する接続性

  iWatchを誰もがほしがるものにするには、iPodのように音楽をフラッシュストレージに保存するだけでなく、近くにあるスマートフォンやタブレットからさまざまな音楽をストリーミングできるようにすべきだ。音量の調節や曲のスキップ、さらには音楽のブラウジングと再生も、Bluetooth経由で行う。もちろん、昔からあるヘッドホンジャック経由だけでなく、Bluetoothヘッドホン経由でも音楽を聴けるオプションがあれば良いと思う。iWatchは音楽にとって最適なリモートコントローラであるべきだが、小さなインターフェースで使い勝手が悪いようでは困る。

iPod nanoのタッチインターフェース。悪くはないが、「iTunes Store」やマルチアプリサポートはない。
iPod nanoのタッチインターフェース。悪くはないが、「iTunes Store」やマルチアプリサポートはない。
提供:Sarah Tew/CNET

-PR-企画特集