アップルの電子書籍「iBookstore」詳細--質を重視した日本でのこだわり方

坂本純子 (編集部)2013年03月06日 20時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは3月5日の深夜、日本向けに「iBookstore」をオープンし、電子書籍の販売を開始した。合わせて無料でダウンロードできるiOS用電子書籍リーダーアプリ「iBooks」のバージョン3.1を公開した。

iPadで見たibookstore
iPadで見たibookstore

 現在は、アプリはもちろん、iTunes上にも「ブック」カテゴリが登場し、PCやMacからも購入できるようになっている。先行してきた音楽配信サービスやアプリなどと同様に、共通の「Apple ID」を使用して決済ができるのもアップルの強みの一つだ。

 また、「iCloud」を経由して、購入した本や途中まで読んだブックマークなどを複数の端末で同期できる。通勤ではiPhoneで読み、自宅ではiPadの大画面で読む──といったことも手軽にできる。

 なお、アップルから正式にプレスリリースが出たのは3月6日の午前9時半で、同日の未明までサイトが順次更新されていたようだ。もし正式オープン前の深夜にストアを見てラインアップにがっかりしたならば、今改めて見てみると印象が変わるかもしれない。

 アップルによれば、正式な現在の取り扱い冊数は公表していないが「数万点」とのこと。毎週水曜日に更新し、今後もラインアップを拡充していくとしている。

  • Windows/MacのiTunesにも「ブック」アイコンが登場

 すでにサービスをスタートしている「Newsstand」とは異なるもので、Newssandは新聞や雑誌などの定期刊行物を中心とし、iBookstoreでは書籍やコミックを中心にして棲み分ける。

iBookstore限定のコンテンツも

  • フルカラーながら、ページをめくったときの裏写りの描写にも注目だ

 iBookstoreではライトノベルやコミック、料理本、歴史書、伝記、絵本、児童書など、数百におよぶさまざまなカテゴリの本をラインアップする。

 中でも注目はiBookstore限定の書籍やコミックだ。荒木飛呂彦氏の「ジョジョの奇妙な冒険」のカラー版PART 4はiBookstore限定での配信(各480円)で、このほかにも読み上げ機能の付いた「トイストーリー3 ずっと おともだち」(350円)などもある。

  • 心はあなたのもとにでは、実際にメールが届いたかのようなインタラクティブなアクションが各章に盛り込まれている

 さらに、村上龍氏の小説「空港にて」(450円)「心はあなたのもとに」(850円)といった限定作品もある。心はあなたのもとにでは、より深く物語の世界に入り込めるよう、インタラクティブなメールが各章に盛り込まれており、電子書籍ならではの作り込みが見られる。

  • アプリ「ibooks」では、検索機能も充実。レシピ本で「ツナ」を検索したところ

  • ibooksでは、文字の大きさも任意の大きさに変えられる

  • フォントも6種類から選べる

  • 背景の色も3種類から変えられる

  • “巻物”のように横にスライドさせ、ページめくりをせずに読めるモードも搭載

  • 気になった所はクリップしておき、いつでもその場所にリンクできる機能も

日本に向けた“棚”づくり

専任スタッフが選び抜いたという「スタッフのお気に入り」コーナーも
専任スタッフが選び抜いたという「スタッフのお気に入り」コーナーも

 アップルは、「クオリティの高いブックストアを目指す」という。単に紙をスキャンしたPDFといったものではなく、ある程度作り込まれた本のみが対象になっているようだ。また、iBookstore上でも売れるものだけを紹介するのではなく、日本専任のスタッフがいるという。

 電子書籍のストアでも、リアルの店舗と同様にどういう“棚”を見せるかが重要になってくるが、アップルでは日本でもすでに馴染みの深いMusic StoreやApp Storeと同じインターフェースを採用し、書籍の表紙と同じアイコンや「300円以下のベストセラー」といったトピックなどを用いている。さらに、「スタッフのお気に入り」ではできるだけ日本にあったものを紹介し、クオリティにも気を遣っているとした。

価格は最低50円から、今後は海外展開も視野に

 日本のiBookstoreにアクセスするには、iTunes Storeのリージョンを日本に切り替える必要があり、購入時は日本円で決済されるため、現在のところ海外は原則として対象になっていない。

 iBookstoreでは、無料のものを除き、最低価格は50円から(App Storeは85円から)となっており、App Storeのようなグローバルなストアとは価格帯が異なるという。今後はiOS向けのアプリなどと同様に、海外への展開なども視野にいれていく考えとしている。

 なお、iBookstoreで書籍を販売するには、日本独自の審査が設けられており、現在は出版社のみが対象になっている。一方で、アップルは一般のユーザー向けにMacでiPad用の電子書籍を作成できるアプリケーション「iBooks Author」を提供しており、個人の出版なども期待される。しかし、iBooks Authorはまだ完全な日本語対応版ではないとしており、日本語独自のルビや禁則処理などに対応した上で、今後検討していくとしている。

 iBookstoreは2010年4月に開始され、これまでに50カ国で展開している。今回の日本での本格展開により51カ国になる。日本では、2005年8月にiTunes Music Storeが開始され、2008年7月にApp Storeがスタートした。映画コンテンツのダウンロードは2010年11月スタートしており、大きなコンテンツとしては4つめの展開となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加