グーグル、「Chrome OS」アプリランチャーを「Windows」ユーザー向けに公開

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年02月22日 10時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間2月21日、同社の「Chrome OS」アプリランチャーを「Windows」ユーザー向けに公開したと発表した。

 開発者向けチャネルを通して公開されている(つまり、まだ最終ビルドではない)同アプリケーションは、ユーザーのウェブベースのアプリすべてを1カ所に格納し、ユーザーがブラウザの外側でそれらのアプリを開けるようにする。Chromeのアプリランチャーに対応するアプリはHTMLやJavaScript、CSSで記述されているが、ユーザーがオフラインのときも開くことができる。


提供:Google

 Googleによると、アプリランチャーアイコンはWindowsのタスクバーに表示されるという。しかし、それを機能させるには、ユーザーはChromeパッケージアプリをインストールしなければならない。そのようなアプリは現時点では、Googleの「Chrome Web Store」で検索することができない。したがって、ユーザーがそれらをランチャーに追加するためには、ダイレクトリンクが必要だ。開発者は独自のパッケージアプリを構築して、Chrome Web Storeにアップロードすることもできる。

 Googleは現在のところ、同アプリランチャーをWindowsユーザーのみに公開している。同社は「近いうちに」同アプリランチャーを「OS X」と「Linux」にも提供する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加