消費者向け製品に広がるNFC--もはやモバイル決済だけではない - (page 2)

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年01月28日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一方サムスンは、このテクノロジを後押してきた最大の企業の1つである。同社は、ユーザーがNFCでできること(2台の「GALAXY S III」スマートフォンをタップし合うことで動画を共有するなど)を紹介する広告をいくつか発表しており、さらには「iPhone 5」に共有機能がないことを厳しく非難してきた。CESでサムスンは、NFCを利用して携帯電話と連携できるスピーカーを発表した。そうすることで、コンテンツはBluetooth経由でストリーミングされる。

 またソニーは、テレビ、スマートフォン、リモートコントローラ、スピーカーなど、CESで発表した自社製品のほぼすべてにNFCを搭載していた。このテクノロジを「One Touch」と呼んでいる同社は記者会見の席上で、ソニーはNFC対応製品を世界中のほかのどんな家電メーカーよりも多く提供していると語った。ソニーは、NFCテクノロジを導入すれば、携帯電話、タブレット、テレビ、オーディオ機器などの間で、デバイスを互いにタッチするだけでリンクを構築でき、これによってメディアの転送やストリーミングが簡単になるとしている。

 ソニーのマーケティング担当バイスプレジデントのBrian Siegel氏はCESで、米CNETに対して次のように語った。「顧客は、自らの個人的なコンテンツに簡単かつシームレスにアクセスし、転送できる方法を求めている。われわれは集団として、それについて長い時間をかけて話し合ってきた。それがこの無線ソリューションと有線ソリューションの組み合わせだ。NFCとソニーのOne Touchは、これまで発売された中で最も簡単なソリューションだとわれわれは考えている」

 パナソニックは、NFCテクノロジを搭載したカメラを数機種発表している。またLGも、NFCを自社の電子機器のほか、洗濯機、掃除機、冷蔵庫などの家電製品に組み込んでいる。家電製品の場合、人々は自分のスマートフォンとその製品を連携させることで、製品を遠隔操作できる。例えば、まだオフィスにいるうちに洗濯機をオンにすることができる。

 NFCには、ほかの接続テクノロジを上回るだけの多くのメリットがある。最も重要な点は、ユーザーがBluetoothなどの設定に必要なステップをすべて省略できることだ。携帯電話と、Bluetooth対応スピーカーの連携設定にかかる時間を考えてみよう。デバイスを検出してパスワードを入力するなどの作業が必要だ。あまりテクノロジに詳しくないユーザーにとっては、単に2つのデバイスが連携できるようにするだけでも、やる気をなくしてしまう可能性がある。NFCがあれば、1回タップすれば、製品の連携設定が完了している。

 NFCを使えば、ポスターなどの電子機器ではないデバイスでさえ、パッシブなNFCタグを取り付けることによって、そこから情報を入手できるようになる。スマートフォンやほかの電子機器で使われているNFC読み取り装置とは異なり、パッシブタグにはバッテリは必要なく、わずか数セント(数円)程度と非常に安価だ。NFC対応スマートフォンは、タグにエネルギーを送って起動させることによって、タグ上の情報を判読し、データを受け取ることができる。

 NFCに対応したパナソニックの「LUMIX TS5」
NFCに対応したパナソニックの「LUMIX TS5」
提供:Panasonic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]