logo

グーグル、Motorola HomeのSTB事業売却を発表

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月20日 12時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleがMotorola Homeのセットトップボックス事業を売却する。この事業は、Googleが今年になって125億ドルでMotorola Mobilityを買収した際に引き継いだもので、23億5000万ドル相当の現金および株式でARRIS Groupに売却することを発表した。

 契約の条件により、Googleは20億5000万ドルの現金と3億ドル相当の新規発行株式を受け取る。取引完了後、GoogleはARRISの15.7%の株式を保有することになる。一方ARRISはMotorola Mobilityの一連の特許を使用できるようになる。

 ブロードバンドテクノロジプロバイダーのARRISは、ケーブルプロバイダーに提供しているネットワーク装置の強化にこの買収を生かすものとみられる。

 Motorola Mobilityの最高経営責任者(CEO)を務めるDennis Woodside氏は声明で、「業界は大きな技術変革に直面しており、ARRIS、Motorolaの両社とも、関連イノベーションを加速できるだろう。例えば、『IP Connected Home』環境(IP接続された自宅環境)の投入は、サービスプロバイダーが求めているだけでなく、消費者も熱望している」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集