YouTube、13社をパートナーにオリジナルチャンネルを順次展開

佐藤和也 (編集部)2012年11月27日 18時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは11月27日、動画サイトYouTubeについて、13社によるパートナー企業を迎え、オリジナル動画を独占配信するオリジナルチャンネルを展開することを発表した。

キャプション
アダム・スミス氏

 リビングでテレビをみながら、スマートフォンなどで気になる情報を調べる。そのような光景から「今はマルチスクリーンの時代」と、YouTubeアジアパシフィック統括プロダクトマネジメントディレクターのアダム・スミス氏は切り出した。そしてYouTubeについて、個々の動画を見る場所から、チャンネルを中心にしたメディアに進化させる取り組みを積極的に行ってきたという。またサイトのデザインもチャンネルを中心に押し出す形で変更を行い、これまでも毎月40億時間分の動画が視聴されているが、一日あたりのユーザー登録者数が50%増と効果があったことを説明した。

キャプション
水野有平氏

 グーグル執行役員YouTubeパートナーシップ日本代表の水野有平氏は、日本でのYouTubeで感じている変化について「スマートフォンの進化によって、毎日YouTubeに訪れるようになっている」と語り、今回のパートナーシップによるオリジナルチャンネルの施策として掲げたキーワードは「毎日、どこでもYouTube」。水野氏は「ユーザーが毎日来ても、何か新しい魅力的なコンテンツがある。こうした世界を作るのが、オリジナルチャンネルプロジェクト」と語った。

 具体的には、まずコンテンツパートナー対して、動画をアップして得られるであろう将来の広告収益をYouTube側が事前に支払い、コンテンツオーナーがより魅力的な動画コンテンツをアップするというビジネススキーム。そして定期的に独占配信の動画を公開することや国内だけではなく海外に向けたものなど、さまざまなデバイスに向けての実験的な動画制作に取り組むことを、今回のプロジェクトの目的としている。

 参加する企業はASOBISYSTEM、アップフロントワークス、クリプトン・フューチャー・メディア、コミックス・ウェーブ・フィルム、サンミュージックプロダクション、TBSテレビ、テレビ朝日、電通、ニフティ、VICE Media Japan、ビコム、フジテレビジョン、ホリプロ。これらの企業がテレビ番組のスピンオフやポップカルチャー、電車、音楽、アニメ、コメディ、自動車など17チャンネルを順次展開していく。

  • 各チャンネルの開設スケジュール。一部のチャンネルはすでに開設している

  • 各チャネルの配信スケジュール

  • 会見では各社代表のほか、アーティストのダイアモンド☆ユカイさん(前列中央)、TBSの加藤シルビアアナウンサー(前列右から2番目)、フジテレビの宮澤智アナウンサー(前列左から2番目)も出席した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加