logo

サムスン、アップル向けプロセッサを20%値上げか

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子2012年11月13日 10時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンが、自社モバイルプロセッサの価格を20%値上げした。ただし値上げは顧客のうちただ1社、Appleに対してのみだ。

 この件は、The Wall Street JournalのMarketWatchがスマートフォンやタブレットのメーカーである両社の交渉に詳しい筋の話として報じた。

 報道によると、サムスンはAppleに供給しているモバイル「アプリケーション」プロセッサの値上げを要求し、Appleは各種タブレットやスマートフォン製品を問題なく動作させるのに必要なハードウェアを提供できるのがサムスンしかいないために、この条件をのまざるを得なかったという。

 情報筋は以下のように述べている。

サムスン電子は先ごろ、アプリケーションプロセッサ(として知られるモバイルプロセッサ)の大幅値上げをAppleに要求した。Appleは当初これを認めなかったが、代替サプライヤが見つからず(値上げを)受け入れた。

 値上げはすでに実施済みだという。Appleはサムスン製モバイルプロセッサを2011年に約1億3000万台購入しており、2012年に入ってからは「iPhone 5」や7インチ「iPad mini」を含む新型「iPad」の需要に対応するため、すでに2億台以上を購入している。

 サムスンがAppleにプロセッサを供給する契約は2014年まで残っている。


「A6」チップはiPhone 5に使われている。
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集