logo

MS、11月の月例パッチを事前通知--「Windows 8」と「Windows RT」が初めて対象に

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 福岡洋一2012年11月10日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、米国時間11月13日にリリース予定の月例パッチで、「Windows 8」と「Windows RT」に対して初のセキュリティ修正を施す。

 これらのパッチは「リモートでコードが実行される」のを阻止するためのもので、OSのセキュリティホールを塞ぐことによって、リモートユーザーがPC上で悪意のあるコードを実行できないようにする。

 この修正は、Windows 8のほか、「Windows XP」「Windows Vista」「Windows 7」「Windows Server 2003」「Windows Server 2008」「Windows Server 2012」など、他のほぼすべてのバージョンの「Windows」を対象としている

 この修正には6件のセキュリティパッチが含まれており、深刻度は4件が「緊急」、1件が「重要」、1件が「警告」だ。大半のパッチはWindows向けだが、1つは「Internet Explorer 9」の脆弱性に対応、もう1つはPC向けの「Microsoft Office 2003」「Microsoft Office 2007」「Microsoft Office 2010」、および「Microsoft Office 2008 for Mac」と「Microsoft Office for Mac 2011」の脆弱性を修正する。

 Microsoftでは、13日にパッチをリリースした後、この更新プログラムに関するより詳しい情報を公開するとともに、ウェブキャストを配信する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集