logo

マイクロソフト、「Surface」のハードウェア技術を動画で紹介

Brooke Crothers (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年10月29日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは「Surface」で優れたハードウェアの提供者となった。そして同社はAppleのように、製品をユーザーに説明したいと望んでいる。

 最新の動画では、特にタッチカバーのガラスと画面がどのように一体化しているかやキックスタンドの重要性、細かいところでは、キックスタンドの位置による画面の傾きと背面のカメラとの対応関係が説明されている。

 これらはMicrosoftがSurfaceに組み込んだ設計技術を説明するために投稿している動画シリーズの最新版だ。


Microsoftによると、Surface内部には多くの優れた技術が使われている
提供:Microsoft

 その他に、「The Making of the Touch Cover for Surface」「The Making of Microsoft Surface」といった動画も投稿されている。

 一連の動画は、Appleが自社製品のために作成している動画を思い起こさせる。

 たとえばAppleは「iPad mini」に使われているディスプレイ技術を詳しく取り上げ、ディスプレイガラスの極度の薄さを示すだけでなく、内部バッテリなどの他の技術も紹介している。

 Microsoftは、Appleのようにハードウェアを大きく宣伝したいのだ。Surfaceは同社ブランドが冠された最初のPCであり、消費者の心を掴んだようだ。「Surface with Windows RT」は入荷待ちとなり、多くのMicrosoftストアが混み合っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集