logo

火星にはかつて川が流れていた--探査機「Curiosity」が撮影したその証拠

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年10月13日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米航空宇宙局(NASA)は探査機「Curiosity」によって、火星にかつて川が流れていたことを示す新たな証拠を発見した。これまでは科学者は、火星表面に残された水路について、何とか仮説を立てるしかない状況だった。証拠が見つかった場所は、ゲイルクレーターの北端と、このクレーター内にあるシャープ山のふもとの間に位置する。送信されてきた新しい画像は、砂れき層が発見されたことを示しており、NASAはこれがかつて存在した川の一部だとしている。
Scroll Right Scroll Left

 米航空宇宙局(NASA)は探査機「Curiosity」によって、火星にかつて川が流れていたことを示す新たな証拠を発見した。これまでは科学者は、火星表面に残された水路について、何とか仮説を立てるしかない状況だった。証拠が見つかった場所は、ゲイルクレーターの北端と、このクレーター内にあるシャープ山のふもとの間に位置する。送信されてきた新しい画像は、砂れき層が発見されたことを示しており、NASAはこれがかつて存在した川の一部だとしている。

提供:NASA

-PR-企画特集