logo

ジンガ、2012年通期の業績見通しを下方修正--OMGPOP買収費の半分を償却

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年10月05日 11時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルゲーム企業Zyngaは2012年の業績見通しを下方修正するとともに、3月のソーシャルゲーム開発会社OMGPOPの買収で支払ったと報じられた2億ドルの半分近くを償却することを明らかにした。これは、Zyngaが直面している苦境を示す新たな兆候だ。

 Zyngaは、2012年のブッキング(まだ売り上げにつながっているとは限らない販売契約)が事前の予測を約8%下回る見込みだと述べた。さらに、利益の非標準的算出方法(同社はこれを「調整済み」EBITDAと呼んでいる)も予測を約28%下回る可能性が高いと述べている。

 Zyngaは、第3四半期(9月30日締め)の売り上げを3億~3億500万ドル、純損失を9000万~1億500万ドルと予測していると述べた。また、OMGPOPの買収に関連して8500万~9500万ドルを償却する予定だという。

 「The Ville」などZyngaのゲームのいくつかは、同社が期待したほどヒットしていない。一部のゲームの発売も延期せざるを得なくなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集