logo

iPhoneの「iOS 6」シェア、北米ですでに6割に--米企業が調査結果を公開

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉2012年10月03日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たな報道によると、米国とカナダで使われている「iPhone」の半数以上はすでにAppleの最新OSを搭載しているという。

 広告と解析を手がけるChitikaは米国時間10月2日、「iOS 6」がリリースされた2012年9月にさかのぼる広告のインプレッション数に関する最新の指標を公開した。同社は、現時点でiPhoneユーザーの60%がiOS 6をインストールしているという調査結果を得た。一方、「iPad」ユーザーの45%、「iPod」ユーザーの39%がそれぞれiOS 6を導入している。

 Chitikaはブログ投稿で次のように述べている。「全体として、このデータは、Appleが最新OSで同社のユーザーベースを最新の状態に保つという素晴らしい仕事をしていることを示すものだ。これに対し、Googleの最新データは、『Android』の最新2バージョンを利用しているユーザーが22%しかいないことを示している」

 これらの数字は、iOS 6のリリース後24時間における測定結果を取り上げたChitikaの報告に続くものだ。このとき同社は、iOSユーザー全体の15%がすでにこの最新OSをインストールしていると述べていた。

提供: Chitika
提供: Chitika

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集