logo

ソニー、84V型4K「BRAVIA」を11月発売へ--価格は168万円

加納恵 (編集部)2012年09月27日 13時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月27日、「BRAVIA」に84V型の4Kテレビ「KD-84X9000」を発表した。4K対応の映像エンジン「4K X-Reality PRO」を搭載し、鮮明な4K映像を再生する。発売は11月23日。11月8日から予約受け付けを開始する。価格は168万円。

  • 「KD-84X9000」

 3840×2160ピクセルの84V型モニタを搭載。本体サイズは高さ151.1cm×幅213.7cm×奥行き56.7cmで、重量約97.9kg(フロアスタンド含む)の業界最大クラスだ。

  • 「4K X-Reality PRO」

 4K X-Reality PROは、独自の「X-reality PRO」を4K用に新開発したもの。4K映像ソースはさらに鮮明に、2K映像ソースは高精細な4K映像にアップコンバートする。

 アップコンバートは、2K映像の段階で超解像処理をした後、4K映像へアップスケーリングする仕組み。リアルタイムで2段階の処理を行うことで、臨場感豊かな4K映像を再現する。

 モニタ両脇にサイドスピーカを設け、ウーファ4つ、トゥイータ2つ、サブウーファ4つの計10ユニットのスピーカシステムを内蔵。スピーカは10度内側に傾け、視聴ポジションになる中心位置で最適な音響効果が得られるような調整がされている。独自の「S-Force フロントサラウンド 3D」テクノロジーを使えば、仮想5.1chサラウンド音場も再現できる。

 地上、BS、110度CSデジタルチューナは2基備え、USB HDDを接続すれば裏番組の録画にも対応。Wi-Fiを内蔵し、ネット機能も利用可能だ。パッシブ方式の3D再生もでき、本体には3Dメガネ「BKM-30G」が2個同梱される。

 HDMI入力は4系統備え、うち2系統は4K映像をネイティブのまま入力することが可能。このほかD5端子1系統、ビデオ入力1系統などの端子を備える。年間消費電力量は555kWh。フロアスタンドとテーブルトップスタンドが付属される。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集