logo

ソニー、直下型LEDを採用した大画面高画質の「BRAVIA HX950」

加納恵 (編集部)2012年08月29日 15時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「KDL-55HX950」

 ソニーは8月27日、液晶テレビ「BRAVIA」に上位機種となる「HX950」シリーズを追加した。直下型LEDと「X-Reality PRO」の採用により、大画面テレビで目立つ画面の粗を抑え、高画質を再現するとしている。発売は11月10日。55V型の「KDL-55HX950」(店頭想定価格:38万円前後)と、65V型の「KDL-65HX950」(同:65万円前後)をそろえる。

 直下型LEDを採用したバックライトは、部分駆動により暗い部分を暗く、明るい部分をさらに明るく再現する「新インテリジェントピークLED」を採用。映像ジャンルだけでなく、ネット動画など幅広いソースを自動判別、最適化する映像エンジンX-Reality PROとあわせ、大画面ならではの高画質を追求している。

 無線LANを内蔵し、YouTube、Video Unlimited、huluなどの動画サービスをワイヤレスで利用することが可能。地上、BS、110度CSデジタルチューナは2基備え、USB HDDを接続すれば裏番組録画にも対応する。

 本体フレーム部にはアルミを用い、曲げてエッジを作ることでつなぎ目を排除。スタンド部はスイーベルした時にどの角度から見てもきれいに見えるループスタンドを採用した。

  • つなぎ目をなくしたフレーム部

  • ループスタンド

  • リモコン

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集