logo

iOS 6用「Maps」アプリを独自開発したアップル--その決断は正しかったのか

Ben Parr (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2012年09月27日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自分がAppleの最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏になったと想像してほしい。あなたは市場で最大の利益を上げる携帯電話、すなわち「iPhone」を掌握している。そしてAppleのモバイルOS、つまり「iOS」とそのOS上で動作するアプリケーションを完全に掌握している。

 ただしこれは、真実を正確に表しているとは言えない。あなたはiOSを完全に掌握しているわけではない。なぜなら、デフォルトのアプリケーションの2つは、最大の敵であるGoogleが提供するテクノロジとデータに大きく依存しているからだ。筆者が言及しているのはもちろん、初代iPhoneの頃からiOSの一部に含まれているYouTubeと「Google Maps」のことだ。

 YouTubeの排除は簡単なことである。GoogleはYouTubeアプリを完全に掌握することを欲していた。そしてYouTubeはAppleの中核的な事業とは競合しない。Googleが「App Store」を通してYouTubeアプリを提供するのは問題ではない。どちらにせよ人々は、YouTubeがなくてもiPhoneを快適に利用できる。

 しかし、「Maps」となれば話は別だ。地図はあらゆるスマートフォンの中核的な機能である。すべてのスマートフォン所有者は地図を必要としている。AppleがiOSからMapsを完全になくしてしまったとしたら、顧客はほかのスマートフォンに移行し始めるだろう。Mapsはそれほど重要である。

 したがって、あなたがTim Cook氏なら、選択肢は2つある。1つは敵であるGoogleがデフォルトのMapsアプリケーションを提供し続けるのを容認すること、そしてもう1つは、Apple独自のMapsアプリを構築して、Googleをお払い箱にすることだ。

 これはTim Cook氏と同氏のチームが直面した決断で、そのとき彼らは、Google MapsをiOSのデフォルトの地図アプリとして使わないことに決めた。Appleはその代わりに、独自のMapsアプリを構築する決定を下した。AppleのMapsアプリは部分的にTomTomのデータを利用している。

 読者の多くがすでに知っているように、AppleのMapsはリリース以来、批判にさらされている。さまざまな不満が聞こえてくる。例えば、公共交通機関のルートが表示されない、都市やランドマークの名前が間違っている、川が表示されない、農場を空港と取り違えている、などである。iOS 6のMapsの誤りを取り上げたTumblrページまで登場し、人気を呼んでいる。

iOS 6のMapsアプリは多くの問題を抱えている。
iOS 6のMapsアプリは多くの問題を抱えている。
提供:The Amazing iOS 6 Maps Tumblr

-PR-企画特集