logo

「Gingerbread」シェア、なおもAndroid端末の57.5%

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一2012年09月07日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの「Android」市場は依然として「Android 2.3」(開発コード名「Gingerbread」)が主流を占める。

 Android 2.3の開発者サイトに掲載された新しいデータによると、2010年12月にモバイル市場に登場したAndroid 2.3は、現在、Android搭載端末全体の57.5%を占めているという。新しい「Android 4.0」(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)のシェアは20.9%、「Android 2.2」(開発コード名「Froyo」)は14%となっている。

 Android 4.0は、ペースは遅くとも確実にAndroid 2.3に追いつきつつあるが、8月のシェアは、Android 2.3が60%以上であったのに対して、Android 4.0は16%にとどまった

 Android搭載端末は非常に種類が多く、搭載されるAndroidのバージョンもさまざまなのが当たり前になっている。ここ何年か、新製品には最新バージョンのAndroidが搭載されるが、既存の端末はアップデートが遅かったり、新しいソフトウェアにアップデートされなかったり、という流れだった。最新データを見てもこうした傾向が続いているようだ。

 GoogleのAndroid利用状況のデータは、米国時間9月4日までの2週間にAndroidのアプリストア「Google Play」(旧名称「Android Market」)にアクセスしたAndroid端末から収集された。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集