logo

フォトレポート:火星探査機「Curiosity」が撮影した最初のフル解像度画像 - 2/10

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年08月25日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 これは、Curiosityが長旅を経て火星で目覚めたときにナビゲーションカメラで撮影された最初の画像だ。現在は直立している同探査機のマストがここでは真ん中に写っており、アームの影が左側に見える。アーム自体は前景に写っている。

 マストに搭載されたこのナビゲーションカメラは、太陽を探すのに使われる。太陽は地球の位置を確認し、地球と通信するために必要な情報だ。カメラは太陽の方を向いた後、正反対の方向に回転して自らの影を観測することで、太陽の位置を確認するとともに、それによって探査機自体の位置も確認する。

 1024×1024ピクセルのフル解像度画像はこちらで見ることができる
Scroll Right Scroll Left

 これは、Curiosityが長旅を経て火星で目覚めたときにナビゲーションカメラで撮影された最初の画像だ。現在は直立している同探査機のマストがここでは真ん中に写っており、アームの影が左側に見える。アーム自体は前景に写っている。

 マストに搭載されたこのナビゲーションカメラは、太陽を探すのに使われる。太陽は地球の位置を確認し、地球と通信するために必要な情報だ。カメラは太陽の方を向いた後、正反対の方向に回転して自らの影を観測することで、太陽の位置を確認するとともに、それによって探査機自体の位置も確認する。

 1024×1024ピクセルのフル解像度画像はこちらで見ることができる

提供:NASA/JPL-Caltech

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]