logo

AMDとアップルの人材引き抜き合戦--今度はAMDがアップルのチップ設計者を雇用

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年08月02日 13時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、チップメーカーであるAdvanced Micro Devices(AMD)の設計者を引き抜いた直後の米国時間8月1日、今度はAMDがAppleのチップアーキテクトを引き抜いた。

 Jim Keller氏(53歳)は、AMDの副社長として、そして同社のマイクロプロセッサコアのチーフアーキテクトとして迎えられ、同社の最高技術責任者(CTO)であるMark Papermaster氏の直属として勤務することになるという。なお、Papermaster氏も元Appleの従業員である

 AMDは声明において「Keller氏はAMDにおけるマイクロプロセッサコアの設計を率いることになり・・・AMDの将来における製品の基礎となる高パフォーマンス、かつ低消費電力のプロセッサコアを開発することに注力していく」と述べている。

 Keller氏はAppleにおけるプラットフォームアーキテクチャグループの責任者として、「iPad」や「iPhone」「iPod」「Apple TV」で使用されているモバイルチップの設計に携わっていた。

 Appleは最近、AMDからシステムオンチップ(SoC)の専門家を引き抜いたばかりである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集