logo

企業コンテンツの配布方法を再考する--広がる企業のタブレット導入 - (page 2)

Will Kelly (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2012年07月31日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レビュープロセスの見直し

 もはやコンピュータ無しでは成り立たないとも言える現代社会であっても、ドキュメントのレビューを行うために印刷する人もいるだろう。しかし、「GoReader」や「iAnnotate PDF」といったPDF向けの校正アプリの力を借りてタブレット上でレビューを行うことで、紙と同じポータビリティを実現しつつ、電子編集のセキュリティという利点を享受できるようになるはずだ。

 あなたの会社が能動的パブリッシングモデルやセキュアパブリッシングモデルを採用している場合、権限管理サーバによってドキュメントのレビュープロセスにさらなる安全性とスムーズなワークフローがもたらされるようになる。これによりセキュリティ面と管理面に貴重なレイヤが追加されるわけだ。こういったレイヤは、コンプライアンスが重要となる業界にとっては特に重要なものとなるだろう。

現在のドキュメント発行プロセスに手直しを加える

 タブレットを考慮するということは、会社のドキュメントをタブレットで扱いやすいものとするために、現在の発行プロセスに手直しが必要となる可能性もあるということを意味している。こういった手直しとしては以下のようなものが考えられる。

  • 発行ツールの出力フォーマットをタブレットで扱いやすいものにする。「Adobe InDesign」や「Adobe Digital Publishing Suite」といった定評のあるデスクトップパブリッシングツールには、「iPad」向けの出力設定が用意されており、人気の高い他のツールもタブレットで扱いやすい出力フォーマットへの対応を表明している。
  • Adobe Acrobatを使用しているのであれば、発行するドキュメントすべてでAcrobatの出力やナビゲーション、セキュリティといった機能のメリットを目いっぱい引き出せるよう、Adobe Acrobatのパワーユーザーになってほしい。ただ、PDF出力に機能を新たに盛り込むことで、制作スケジュールの見直しが必要となる場合もある。
  • 成果物をタブレットで扱いやすいフォーマットにするために、発行に伴う制作時のワークフローを見直してほしい。こういった見直しには画像やPDFファイル(対話的に作ることは難しい)の他、iOSにおけるCore TextやHTML、EPUB(対話型ドキュメントにはさまざまな選択肢がある)などのネイティブテキストエンジンについての考慮も含まれる。なお、新たなフォーマットを採用することで、制作スケジュールの見直しや、既存の配布経路の変更が必要となる場合もある。

 最後に、的確な意見を述べることができ、さまざまなタブレット経験を有する人たちで構成されたグループ内で新たなフォーマットのベータテストを行ってほしい。これによってコンテンツを大々的に配布する前に問題を洗い出せるようになるはずだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]