logo

企業コンテンツの配布方法を再考する--広がる企業のタブレット導入 - (page 3)

Will Kelly (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2012年07月31日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たなフォーマットをアピールするための時間を用意する

 企業コンテンツの発行に携わるスタッフやデザイナーが、電子書籍やHTML、iOSにおけるCore Textといった新たなフォーマットの成果物を適切に制作できるようにするということだけでなく、通常のコミュニケーションチャネルを通じて新たなフォーマットが利用可能になった旨を読者にアピールしていくということも忘れてはならない。

タブレットに軸足を置いた企業のパブリッシング

 企業のパブリッシングにおいてタブレットが重要な位置を占めていくのと歩調を合わせ、事前の分析に投資していくことで、パブリッシングツールと新たな/手直しされたインフラ、コンテンツフォーマットの適切なバランスを失わないようにしながら、タブレット向けの企業コンテンツの発行と配布がシームレスに進んでいくようにしてほしい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]