グーグル初の自社ブランドタブレット、「Nexus 7」の第一印象 - (page 2)

CNET News staff  翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2012年07月17日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jelly Beanはどれだけ甘い?

 Nexus 7はAndroid OSの最新バージョン、すなわち「Jelly Bean」として知られているバージョン4.1を搭載した最初のAndroid端末である。Nexus 7に搭載されているAndroid 4.1は、以前のバージョンと同様にカスタマイズ可能になっているものの、ずっと控えめ、かつ使用目的に特化した仕上がりとなっている。このため、初心者にはあまり威圧感を与えないが、少し制約を感じさせるものともなっている。

 その理由の1つとして、ホーム画面での動作を挙げることができる。Nexus 7のホーム画面でも他のAndroidタブレットと同様に数多くのカスタマイズが行える。しかし、タブレットをランドスケープモードにしても画面は回転しないのである。アプリケーションを使用している時には画面の回転が行われるものの、ホームボタンをタップした途端、ポートレートモードに引き戻されてしまうのだ。これは大問題というわけではないものの、ナビゲーションの途中でいきなり閉所恐怖症になったような気分が味わえるうえ、イライラの原因にもなりかねない。少なくとも筆者はイライラしてしまう。何か面倒なことが起こった場合や、頭が混乱してしまった場合でも、ホームボタンを押すだけで見慣れた縦長のホーム画面が表示されるため、Googleはこれが安全策だと考えているのかもしれない。GoogleがNexus 7で大衆の心をとらえようとしているのであれば、これは十分に理解できる妥協であると言えるだろう。

 ホーム画面の下部にあるドックはPlayやMusic、Books、Magazinesなど、ほとんどがGoogleのサービスアプリで占められている。また、デフォルトブラウザである「Chrome」、そして「Google Maps」や「Google Plus」「Gmail」などのサービスを収納したフォルダも用意されている。そしてトレイの中央にはアプリボタンがある。ホームボタンから上に向かってアプリボタンを横切るようにスワイプすると、ユーザーの必要とする情報を予測したうえで提示してくれる新たなパーソナルアシスタント「Google Now」が起動する。

 Google Nowによって現在の天気や、路線バスの時刻表、あなたの興味を引きそうな近所のレストランといった情報が提示される。こういった機能は、Wi-Fi接続が可能な場所にいるのであれば重宝するかもしれないが、すでに屋外に出てバスを待っている場合などでは魅力が半減し、むしろ携帯電話で利用できた方がより有益に思えるはずだ。

Android 4.1のツールバーと回転しないホーム画面
Android 4.1のツールバーと回転しないホーム画面。ホーム画面はポートレートモード固定のため、狭苦しい感覚を抱いてしまう。

 先ほども述べた通り、前面には1.2メガピクセルのカメラが搭載されている。ただ、カメラアプリは搭載されていない。Googleが正式なリリースまでにカメラアプリを追加しない限り、このカメラの使い道はビデオ会議だけになるだろう。このことを知った際、筆者は「じゃあ何故カメラを搭載しているのだろう?」と思ってしまった。この疑問に対するGoogleの答えは、「Google+」のビデオチャット機能「ハングアウト」のためというものだ。

「Google Play」はうまくプレイできているものの、安くはない

 Google Playは「GoogleによるKindle Fireの追撃」という趣旨に沿い、TV番組や映画、雑誌の販売を行うように衣替えされ、ようやく現代的なストアと言える状態になった。そこでいくつかTV番組を選び出し、HD画質版とSD画質版の価格を比較してみた。その結果、シーズン単位で購入する場合におけるGoogle Playでの価格と「iTunes Store」での価格は一致しているようだった。ただ、Kindle Fireとの比較では、SD画質版の比較であってもたいていの場合、Google PlayよりもKindle Fireの価格の方がかなり安くなっていた。とは言うものの、こういったお得感は「Amazon Prime」の会費を払うことである程度薄れるはずだ。

Google PlayでTV番組を購入できるようになった
Google PlayでTV番組を購入できるようになった!そして映画も、ようやく(合法的に)Android端末で楽しめるようになった!

 また、「Breaking Bad」や「Justified」といったいくつかのTV番組について言うと、Amazon Instantでは全シーズンが提供されているものの、Google Playでは現在のところ最新シーズンしか提供されていない。しかし、「The Walking Dead」や「Parks and Recreation」といった番組は全シーズンが提供されている。これは何よりも大事なことであるため、今後のラインアップの充実を望みたい。

 Google Playから購入した映画やTV番組は、デフォルトではストリーミングされるため、ローカル環境に保存したい場合には別途、ダウンロードボタンをタップすることになる。筆者は、ダウンロード機能の実現を首を長くして待っていた。Android端末の所有者にとって、大手を振って合法的かつ高速に映画やTV番組を入手できるようになったということは、とても喜ばしい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]