logo

グーグル、Street View撮影用のバックパック型カメラを披露

Dan Farber (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月07日 11時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは「The Next Dimension of Google Maps(Google Mapsの次の次元)」と題するプレスイベントで、「Google Earth」のユーザー数が月間10億人にのぼると発表した。「Street View」向けに世界各地を撮影するにあたり、Googleの撮影車両は500万マイル(約804.7万km)超を走破し、39カ国、約3000都市を訪れたという。

 同社によると撮影データは20ペタバイトにのぼり、撮影は自動車やボート、スノーモービルにカメラを搭載して行われたほか、人が背負う形でも行われた。今回Googleは、国立公園や車が入れない場所などの屋外のエリアの撮影に向けて、人が背負うバックパック型の撮影装置の試作品を発表した。重さは約35ポンド(約15.9kg)だという。


壇上でバックパック型の撮影装置を披露するLuc Vincent氏
提供:Josh Lowensohn/CNET

 このカメラは5メガピクセルのカメラレンズ15個と終日撮影が可能な電池を搭載していると、Street ViewのエンジニアリングディレクターであるLuc Vincent氏は語った。「恋人とハイキングしたら全部撮影されてしまうよ」とジョークも飛び出した。


提供:Josh Lowensohn/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集