logo

MS、「Xbox SmartGlass」発表--携帯端末からテレビへのメディアストリーミングを実現

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月05日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、「Xbox SmartGlass」と呼ばれる新しいマルチスクリーンのエンターテインメントプラットフォームを披露した。

 Microsoftは米国時間6月4日、ゲーム見本市Electronic Entertainment Expo(E3)での基調講演において同プラットフォームを発表した。ユーザーは、「Xbox 360」を使用することによって、自分の携帯端末からの動画などのメディアを大画面テレビで再生することができる。また同プラットフォームは、ゲームプレーを強化するモバイルコンパニオンとしての役割も果たす。

 Microsoftが「AirPlay」に競合する製品をリリースする計画であるという報道がこれまでにあったが、4日の同社の発表でそれが事実であることが明らかになった。

MicrosoftのXbox SmartGlass MicrosoftのXbox SmartGlass
提供:James Martin/CNET

 Microsoftによると、新しいSmartGlassは「Windows」「Windows Phone」、そして、Xbox 360で動作する予定だという。また、「Android」と「iOS」をサポートする予定である。新SmartGlassによってユーザーは、ある1つの製品上で楽しんでいたエンターテインメントコンテンツをXboxに送信し、そこで続きから開始することができるようになる。

 さらに価値を高める機能として、タブレットとスマートフォンはコンパニオン端末のような役割を果たし、ユーザーはXboxで視聴した番組に関する詳細情報を参照することができる。これによって「マルチスクリーン」体験を生み出す。

 Microsoftは、ゲーム開発者らがSmartGlassを使用することにより、プレーヤーが携帯端末上でプレーを決定し、携帯端末がそれをXboxに通信するようにしてくれると期待している。例えば、「Madden NFL 13」では、ユーザーは携帯端末からプレーコールを変更できるようになっている。

 Microsoftは、SmartGlassプラットフォームを2012年秋にリリースする予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集