写真で見るソフトバンク&ウィルコム夏モデル--放射線測定機能やデュアル方式も - 4/18

藤井涼 (編集部)2012年05月29日 20時14分
 約4.3インチのQHDディスプレイと1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載した富士通モバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「ARROWS A SoftBank 101F」。高い追従性でストレスなく操作ができる「サクサクタッチパネル」を採用している。周囲の騒音環境などに適した音声品質を提供する「スーパーはっきりボイス3」「スーパーダブルマイク」などに加え、快適な操作性を実現する「タッチ操作予測アルゴリズム」など富士通独自の機能を搭載した。「ULTRA SPEED」に対応し、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信機能や防水・防じん性能も備えた。7月下旬以降に発売予定で、カラーはシアン、マゼンタ、ブラックの3色。

 約4.3インチのQHDディスプレイと1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載した富士通モバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「ARROWS A SoftBank 101F」。高い追従性でストレスなく操作ができる「サクサクタッチパネル」を採用している。周囲の騒音環境などに適した音声品質を提供する「スーパーはっきりボイス3」「スーパーダブルマイク」などに加え、快適な操作性を実現する「タッチ操作予測アルゴリズム」など富士通独自の機能を搭載した。「ULTRA SPEED」に対応し、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信機能や防水・防じん性能も備えた。7月下旬以降に発売予定で、カラーはシアン、マゼンタ、ブラックの3色。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]