logo

「Windows RT」デバイス、最初のリリース数は限定的か

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月17日 12時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftによる新しい「Windows」の開発が遅々として進まないため、最初はわずかな数の「Windows RT」デバイスしか登場しないだろう、と情報筋がCNETに語った。

 Microsoftの計画に詳しい情報筋によると、NVIDIA、Qualcomm、Texas Instrumentsの各チップメーカーは、デバイス用にそれぞれ2つの「割り当て」をもらえるという。

 ある情報筋は、上記のチップメーカー3社が使用する、英国に本拠地を置くARMのチップ設計に関し、「ARMは各社2つの設計に限定されている。つまり、最初の設計は合計6つになる」と述べた。

 Windows RTは「Windows on ARM」とも呼ばれ、ARMチップで動作する初のメインストリームとなるデスクトップクラスのWindows OSだ。ARMチップベンダーごとにプラットフォームが異なるため、これがMicrosoftにとって課題となる。一方、Intelは十数以上のWindows 8用の設計を用意すると予測されている。

 最終的な製品が決定されていないケースもあるが、NVIDIAのチップはAsusとLenovoによるWindows RT用の設計に搭載されるかもしれない。これらの設計として可能性があるのは、タブレット、タブレットとノートブックのハイブリッド、あるいは一般的な二つ折りのノートブックだろう。

 NVIDIAの計画に詳しい別の情報筋によると、Nvidiaは「2つの製造業者と協力している」という。

 情報筋によると、Qualcommの割り当ての1つはHewlett-Packardのタブレット向けに予定されていたが、状況が流動的であり2012年には実現しない可能性があるという。QualcommではNokiaも候補に上がっていると、最初の情報筋は述べている。

 Texas Instrumentsの状況はさらに不明だが、設計が登場するのは遅くなるだろうと情報筋は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集