logo

アップル、iCloud.comに「Notes」と「Reminders」を追加か

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫2012年05月12日 11時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「Notes」や「Reminders」などの「iOS」アプリケーションを2012年夏にリリース予定の「OS X Mountain Lion」に搭載する計画をすでに公表しているが、これらのアプリケーションはiCloud.comからも利用できるようになるらしい。

 9to5macが米国時間5月11日に伝えたところによると、Appleはbeta.icloud.comとdeveloper.icloud.comという2つの異なるバージョンの開発者向け「iCloud」サイトをテストしており、そこには前述の2つのiOSアプリケーションがウェブアプリケーションの形で追加されているという。

 beta.icloud.comを使用するには開発者用アカウントが必要らしいが、開発者らが知る限り、このサイトはまだ稼働していないようだ。

 今回の動きは、このところiCloudサイトで見られた機能拡充に関する変化の中でも最新のものだ。5月8日には、このサイトでiOS風のバナーを使った通知のテストが行われていることが報じられたが、これは単なるテストとして表示されただけのようだった。今回の変化からちょうど1カ月後には、毎年恒例のWorldwide Developers Conference(WWDC)が開催される。2011年のWWDCで発表されたiCloudは、その後10月に「iOS 5」と同時にリリースされた。

 Appleが今後どれほどの機能をiCloud.comに追加するかはまだ分からない。これまでのところ、以前に「MobileMe」と「.Mac」で利用できた機能をそのまま持ってきたものが大半だ。とはいえ、Appleはこれまで、「iWork」で保存した文書にアクセスできる機能などを追加している。このように他のアプリケーションが追加されてきたことを考えれば、さらなる機能追加の可能性は十分にある。

 米CNETはこの件に関する詳しい情報をAppleに問い合わせているが、回答は得られていない。

iCloud.comのベータサイトでiCloudロゴの下に表示されるNotesとReminders iCloud.comのベータサイトでiCloudロゴの下に表示されるNotesとReminders
提供:Josh Lowensohn/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]