logo

アップル、iCloud.comでiOSライクな通知システムをテスト中か

Joe Aimonetti (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月09日 12時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iCloudのウェブインターフェースにおいて、「iOS 5」で導入されたiOS通知と酷似した通知バナーが表示されたことをMacRumorsがいち早く報じている。このバナーは単なるテストとして表示されたようだ。同バナーには「Default Title for English」(英語用のデフォルト表題)という曖昧な表題とともに「English - This is a test message description」(英語 - これはテストメッセージの説明です)というメッセージが表示されていた。

 なお、このメッセージは、ウェブサイトからiCloud.comのアカウントに直接サインインした際に表示されていた。

 OS Xの次期バージョンである「Mountain Lion」の開発者プレビュー版にもよく似たバナー通知システムが搭載されており、iCloudのこの通知と何らかの関連があるのかもしれない。すべてのiOSデバイスとMac間で通知が同期されれば、所有しているあらゆるデバイス上ですべての通知をチェックし、対応するという重荷から解放されるはずだ。

 iOS上での通知は、新しいメールやテキストメッセージの受信からAngry Birdsの新規レベルに至るまで、あらゆることをユーザーに通知するようになっている。また、アプリケーションの通知設定は、「Settings」>「Notifications」で表示される画面から、各アプリケーションの設定をタップすることでカスタマイズ可能である。

 AppleはiCloudを、iOSデバイスとPC、Mac間の同期を行うためのデファクト同期ツールとして、MobileMeに代えて導入した。iCloudユーザーは自らのカレンダーや連絡先、メールアカウント、メモの同期が行えるとともに、「Find my iPhone/iPad/Mac」というアプリを用いることで、自らのiOSデバイスやMacがどこにあるかを調べることができる。

通知バナー 提供:Screenshot by Joe Aimonetti/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集