logo

消費者庁によるコンプガチャ規制報道にグリーとDeNAは?

藤井涼 (編集部) 岩本有平 (編集部)2012年05月07日 14時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 消費者庁がソーシャルゲームの「コンプリートガチャ」(コンプガチャ)の規制を検討していると、読売新聞が5月5日付けで報じている。

 コンプガチャとは、ソーシャルゲーム内で提供されている仮想のガチャポンサービスを使って特定のアイテムを揃えると、希少性の高いアイテムが手に入る仕組み。ガチャを利用する度に課金が発生するゲームもあり、レアアイテムを求めて高額課金を行うユーザーも見られるという。

 報道によれば、消費者庁は、コンプガチャが景品表示法で禁じられている懸賞方法の「カード合わせ」に当たるとし、近く見解を発表し将来的には中止要請を行う予定としている。これを受け、5月7日の東京株式市場では、グリー株とディー・エヌ・エー株が大量の売り注文を集めストップ安となった。

 一連の報道に対して、グリーは「一部報道について、我々はまだ(消費者庁から)ご連絡をいただいていないため、仮にご連絡をいただいた際には真摯に対応していく予定」とコメント。

 一方、ディー・エヌ・エーは「現時点で(消費者庁から)要請を受けているわけではないので、一連の報道に対してコメントできない」としている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]