logo

グリー、「ドリランド」のオークション落札金額が各種施策により76%減に

佐藤和也 (編集部)2012年04月23日 13時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは4月20日に、第1回目の「利用環境の向上に関するアドバイザリーボード」を開催し、その中でオークションサイトにおける「探検ドリランド」のゲームアイテムやカードの出品件数、落札金額が減少したことを発表した。

 オークファン提供のデータをもとにグリーが分析したグラフが公開され、「探検ドリランド」において各種施策を実施した結果、大手オークションサイトにおける、ゲーム上のアイテム、カードなどに関する出品件数が56%減少し、落札金額は各種施策の実施前後で76%減少したとのこと。なおグリーでは、3月29日にリアル・マネー・トレード(RMT)業者に対して、GREE関連の出品停止を要請したことを公表している。

キャプション
「探検ドリランド」のアイテム、カード等に関する出品件数の推移
キャプション
「探検ドリランド」のアイテム、カード等に関する落札金額の推移

 アドバイザリーボードは、GREEにおけるソーシャルゲーム等に関するサービス向上及び適正利用促進ならびにRMT関連行為の禁止の徹底に向けて導入した施策などに関して、外部有識者と議論することを目的に設置。第1回では国内ソーシャルゲーム市場やグリーの事業概要、市場動向をふまえた施策と効果と、アドバイザリーボードの今後の進行について意見が交わされたという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]