logo

Facebook、ソーシャルディスカバリーサービスのGlanceeを買収

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月07日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、モバイルフォト共有アプリのInstagramを約10億ドルで買収したほぼ1カ月後に、実社会の友人同士を結び付けることを目的としたロケーションベースの「ソーシャルディスカバリー」アプリを提供するGlanceeを買収した。自社のモバイルポートフォリオを強化する意向だ。

 Glanceeのウェブサイトでは米国時間5月5日、次のように述べられている。

 われわれは2010年、実社会とデジタルワールドの最も良いところを結び付けることを目標としてGlanceeを始めた。利用者の回りにある隠れたコネクションを発見しやすくしたり、興味のある人々と容易に出会えるようにすることが望みだった。それ以来、Glanceeはセレンディピティ(思わぬものを偶然発見する能力)を提供し、ソーシャルディスカバリーの先駆者として何千もの人々の出会いを実現してきた。

 このため、FacebookがGlanceeを買収し、われわれがメンロパークのチームに加わり、9億人を越えるFacebookユーザーに向けて優れた製品を開発することを発表できて非常にうれしい。Glanceeを通じて人々を結び付けることは大きな喜びであり、Glanceeコミュニティに参加されたユーザーに心から感謝したい。

 この買収の条件については明らかにされていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]