logo

FAQ:「Google Drive」とは--サービスの機能と特徴

Rafe Needleman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年04月27日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの新しいクラウドストレージサービス「Google Drive」について、何か疑問があるだろうか。この記事では、いくつかの質問に対する答えを用意した。

--Google Driveとは何か。

 Google Driveは、自分のファイルをGoogleのサーバ上、つまり「クラウド上」に保存できるサービスだ。無料のGoogle Driveアプリケーションを実行すると、自分のコンピュータ上にフォルダが作成される(「Windows」または「Mac OS X」が対象)。このフォルダはハードディスク上のディレクトリと同じように表示され、そこへファイルをドラッグできる。そのGoogle Driveフォルダに保存されたファイルはすべて、コンピュータのハードディスクに保持されるとともに、クラウドサーバの自分のアカウントにもコピーされる。そうしたファイルには「drive.google.com」のサイトや、モバイル端末を含むほかのコンピュータからアクセスできる。

 Google Driveは「Google Docs」の新しい名称でもある。Google Docsは、Googleが提供する一連のウェブベース生産性向上ツールだ。こうしたツールを使って作成した文書は、今後Google Driveに表示されると言って差し支えないだろう。

--「差し支えないだろう」というのはどういう意味か。

 当面の間、Google Docsのツールを使って作成あるいは共有した文書ファイルは、コンピュータ上のGoogle Driveフォルダで見ることはできるが、そのファイル内のデータはコンピュータには共有またはコピーされない。Google Driveフォルダに表示されるのは、ファイルへのリンクだ。そのファイルを開くと、ブラウザベースのGoogleアプリ内で表示される。

 コンピュータのハードディスクからGoogle Driveフォルダにドラッグしたファイルは、実際にクラウド側にコピーされる。ほかのコンピュータでGoogle Driveを使用していれば、ファイルはそこでも同期される。

--確認しておきたいのだが、どんなファイルでも、どんなフォルダでも保存できるのか。

 そうだ。ファイルサイズと容量の制限を超えなければ、コンピュータのハードドライブに保存できるものはすべて、Google Driveにも保存できる。

 フォルダ全体をGoogle Driveに移動することもできる。

 Google Driveでできないこと(そして一部のほかのサービスでできること)は、ファイルやフォルダを元の場所で同期することだ。Google Driveでは、ハードドライブ内の特定のフォルダに保存されているファイルを、Google Driveフォルダに移動させずに同期することはできない。同期させたいファイルはGoogle Driveフォルダにドラッグする必要がある。Microsoftの「Live Mesh」や、「SugarSync」「Wuala」「Cubby」といったサービスでは、ファイルやフォルダを移動しなくても同期が可能だ。

-PR-企画特集