logo

グーグルが「春の大掃除」--一部サービスを廃止へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2012年04月21日 10時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Larry Page氏が2011年にGoogleの最高経営責任者(CEO)に就任した際、同氏が誓ったことの1つに同社から一部の「余分なもの」を取り除くことがあった。

 その路線を継続するとともに「春の大掃除」の精神でGoogleは米国時間4月21日、間もなく廃止する製品とサービスのリストを発表した。

 詳細情報を含む全リストは、Googleの公式ブログに掲載されているが、以下にユーザーに最も影響する可能性のある変更点の一部を抜粋する。

  • 「Google Sync for BlackBerry」のサポートは6月1日で終了
  • 「Google Talk」用モバイルウェブアプリは廃止へ
  • 「Picasa Web Albums Uploader for Mac」および「Picasa Web Albums Plugin for iPhoto」のダウンロード提供は4月20日で終了
  • 「Picasa for Linux」のアップデートは終了
  • 「Google Flu Vaccine Finder」は廃止。同サービスに関心を持つユーザーは、「HealthMap Flu Vaccine Finder」にリダイレクト

 これらの項目には、なくなって欲しくないものもあるだろう。しかし、Googleのクラウドサービス担当ディレクターを務めるMatthias Schwab氏はブログ投稿で、「製品やサービスを変更することは困難だが、世界にとって重要な事項に取り組もうというのなら、われわれは集中力を維持する必要がある」と述べた。

 Schwab氏はさらに、ここでの目標は、Googleユーザーのために全体的なユーザー体験を向上させることだと述べた。したがって、Googleが「Google+」や「Google Play」(おそらく「Google Drive」も)といったより規模の大きなプロジェクトに対して、より多くの資源を割り当てることができ、なおかつ2013年の間にそれら製品をより優れたものにすることができるならば、サービスを減らすことで実際に効果を上げられる可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集