logo

「iPhone」販売台数、第1四半期は3300万台か--Piper Jaffrayアナリスト予想

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年04月14日 12時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あるアナリストによると、Appleは3000万台以上の「iPhone」を2012年第1四半期に販売した可能性があるという。

 Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏は米国時間4月13日、投資家向け文書の中で、Appleが3300万台のiPhoneを第1四半期に販売した可能性が高いと述べた。前年同期の販売台数は1865万台だった。

 Munster氏の予想は前年同期を上回っているが、この数字だと2011年第4四半期におけるiPhoneの販売台数3700万台を大幅に下回ることになる。Munster氏はこの差に触れなかったが、第4四半期の販売台数は「iPhone 4S」の登場と年末商戦によって押し上げられた可能性が高い。

 さらにMunster氏によると、2012年第1四半期における「iPad」の世界販売台数は1200万台だった可能性が高いという。前年同期のiPad販売台数は469万台だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集