logo

シャープ、亀山第2工場でIGZO液晶の生産を開始

加納恵 (編集部)2012年04月13日 15時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは4月13日、酸化物半導体IGZOを採用した液晶パネルの生産を亀山第2工場で開始したと発表した。高精細、高性能な液晶パネルが求められるスマートフォン、タブレット向けに提供する。

 IGZO液晶はIn(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)といった酸化物半導体を使用し、従来のアモルファス液晶パネルに比べ、薄膜トランジスタを小型化でき、高開口率化、低消費電力化できることが特長だ。

 シャープでは、2011年4月に開発と亀山第2工場の既存ラインをIGZO液晶ラインへと改造し、生産体制を整えることを発表していた。生産は3月から開始されており、4月に本格生産へと移行する。

 サンプルは液晶モニタ向けで解像度3840×2160ピクセルの32型、ノートPC向けで解像度2560×1600ピクセルの10型、タブレット端末向けで解像度800×1280ピクセルの7型が用意される。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]