logo

アップル、新「iPad」の充電に問題なしとコメント--DisplayMateの指摘を受け

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年03月28日 09時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、同社の「iPad」最新モデルは、バッテリ表示が100%に達した後でも充電を継続するように設計されていると述べている。

 新しいiPadのバッテリ状態表示の正確性とその充電技術に関する質問を受け、Appleは現在、充電率が100%に近づいたときにバッテリの充放電を継続するのは、同社のソフトウェアの一環であり、そのまま電源に挿したままにしても問題はないと述べている。

 AppleのバイスプレジデントMichael Tchao氏は米国時間3月27日、「その回路は、端末を電源に好きなだけ挿したままにしておけるように設計されている」とAllThingsDに対して述べた。「それは、これまでも常に『iOS』で提供されてきた素晴らしい機能である」(Tchao氏)

 調査企業DisplayMateが先週発表したレポートで、Appleの最新iPadは、バッテリ表示が100%になっても満充電されておらず、Appleによる充電率の計算方法に誤りがあると述べたことから、この問題が取りざたされていた。その後、CNBCニュースは、これによってバッテリの寿命に悪影響が生じる恐れがあることを示唆するAppleのコメントを報じていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集