logo

HTC、アップル特許侵害の回避策をすでに準備済みか

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年12月22日 09時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの特許のうち1件を侵害していると米国際貿易委員会(ITC)に認定されたHTCは、それに対する回避策を既に用意しているという。

 米国への製品の輸入を禁止する権限を持つITCは米国時間12月19日、データ保護に関するAppleの特許をHTCが侵害しているとの決定を下した。そのため、回避策が必要となった。問題のプロセスは、携帯端末のテキストに記された電子メールアドレス、電話番号、住所などを認識し、カレンダー、ダイヤラー、地図アプリケーションに自動的に引き渡すためのものである。

 Bloombergによると、HTCの最高経営責任者(CEO)を務めるPeter Chou氏は20日の報道陣向け説明会で、「実のところ、ほとんど使用されていない」と述べ、この機能を切り捨てたという。Chou氏は続けて、ITCの決定を批判し、「この業界は、1社が強力な武器を使用することによって、他の革新を抑止し、すべてを奪うことを許すべきではない(中略)それは公正ではない」と述べたとReutersは報じている。

 ITCの19日の決定後、HTCは問題の機能を「当社のすべての電話」から近々取り除く予定だと述べた。おそらく、ITCの決定に、実質的な影響はほとんどなかったことを意味する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集