logo

グーグル、「iOS」向け「Gmail」アプリを公開後に取り下げ

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年11月04日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間11月2日、「iPhone」「iPad」「iPod touch」ユーザー向けに無料の「iOS」版「Gmail」アプリをリリースした。すでにGmailユーザーは、自分のiOS端末上でアカウントを設定することにより、モバイルサイトからウェブ経由で自分のメールにアクセスできるが、新しいアプリはこれらのすべて操作性を取り入れ、豊富な便利な機能を実行できるようにしている。

 しかし、そのデビューは問題を抱えるものになった。リリース後まもなく、Googleはバグを修正するため、このアプリの提供を中止したと述べた

 本日、GoogleはiOS版Gmailアプリを新たにリリースしたが、残念ながら通知機能にバグがあり、同アプリを最初に開くとエラーメッセージが表示されることが確認された。われわれは、問題の修正に際して同アプリを削除するとともに、すぐに新しいバージョンを提供できるよう作業中である。すでにiOS版Gmailをインストールされたユーザーは、そのまま利用が可能である。

iOS用Gmailアプリ
iOS用Gmailアプリ
提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集