logo

グーグル、「Gmail」などオフライン機能を再び有効に

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年09月01日 12時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Gmail」「Google Docs」「Google Calendar」をオフラインでも使用できるようにする予定だとして、まず「Offline Google Mail」アプリを米国時間8月31日にリリースした。

 Googleのシニア製品マネージャーであるAlex Gawley氏によると、Offline Google Mailを利用することで、メッセージの読み書き(アドレスのオートコンプリートにも対応)、メッセージへの返信、ラベルやスター付け、メッセージのアーカイブが可能だという。オフライン時の操作は、ネットワーク接続が確立されたときにGoogleのサーバと同期される。

 この機能は「Google Apps」にも対応しており、IT部門の担当者が「Google Chrome」の管理ポリシーを使用して従業員のコンピュータにリモートでインストールできる。

 Googleのグループ製品マネージャーであるRajen Sheth氏は、「これは最初のステップだ。われわれは、中核的なニーズにこたえるものを実現し、それを繰り返していきたいと思っている」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集